ウェブログ・ココログ関連

April 16, 2008

<気分は異星人?>

なんかね、このサイト見てると自分が異星人になったような気がします。
いあ、地球人だって異星人ではあるんだけど(^^ゝ

まあ、ためしにこのサイト、クリックしてみて(注、アダルトコンテンツへ誘導する訳ではありませんよ)

どうですか?
見ましたか?

宇宙空間に浮ぶ地球、そして訳のわからないメニュー表示(コンテンツを表す文字は2進法だそうです)
マウス操作が解らない異星人のために、「トントン」とキーボードを叩けばメニューが開く音検知システムを採用!
ためしに下から2つめのメニューをクリックしてみると・・・。銀河系のこの位置に地球があるよ。って表示される。
こんどのGW、どこにいこうかな?地球に行こうかな?って思ったら、このページで地球の位置を確認だ~。ってな感じ。
ちょっとした「気分は異星人」って感じになりませんか?なりませんか・・・私だけか・・・ショボン

| | Comments (0)

December 10, 2007

<不思議生物占い>

面白そうなんでやってみましたw

結構あったってるかも?w

| | Comments (0)

November 25, 2007

<お化粧直し>

ってことでね

ブログのデザインも数年使ってるので
一新してみました。

少し寒そうだけど、冬らしいよね。

前のデザインは、自分でいろいろとカスタマイズして作ってみたんだけど、当時はCSSとかよく解らないで作ってたんだよね。今現在もよく解ってはいないけど、でも勉強にはなったと思う。

さて
心機一転してこれからは更新をマメにしていこうかなあ。

| | Comments (0)

March 15, 2006

<21回目の放送予告>

そんな訳で

ネットラジオ「不思議な森」の
21回目の放送テーマは
〇ニコラ・テスラ

放送は3月16日(水)23時~

うーん、このテーマはリクエストがあったのですが、さて、どうやってまとめましょう?(^^ゝ

| | Comments (0)

February 23, 2006

<18回目の放送予告>

そんなこんなで、ネットラジオを始めて本日で18回目の定例放送。
なんだかんだテーマを設けてやってきましたが、やはり得意な(?)UFO系が多い放送でございます。
そして、今日も放送テーマは

◎甲府事件
◎介良(かいら)事件

古いと言えば古い。ある種マニアックと言えばマニアック(^^ゝ
でもこの2つの事件を知ったのは子供の頃で、そりゃあワクワクしたのよ。

お暇なら23時~1時間の予定ですので、「不思議の森」をお聞きくださいませ

| | Comments (0)

November 16, 2005

<勘弁してくれ>

最近増えてきた、スパムなトラックバック
ほんと、不愉快だわ。
記事とまったく関係ないのを(しかもアダルト系だし)トラバしてくるなんて。
メールなら自分ひとりが嫌な思いをするだけでいいけど、
ブログは公だから、大勢の人が見るでしょ?

なんとかならないのかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2005

<4回目放送のまとめ>

らじろぐ「不思議な森」11月10日放送分をまとめてあります。
どんな事、放送してるの?と思われた方は、聞いてみてくださいませ。

しかし、今日も寒かった~。
初雪以降、本格的に降ってはいないけど、時間の問題。
コートを買い換えようか?ウクレレを購入しようか迷う昨今であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2005

<ネットラジオ始めます>

HPはまだまだ作成出来てませんが(今朝も、保存かけないで終了してしまった・・)
とりあえず、ブログを2つ増やしました。
一つは「超心理学研究室」もう一つは「不思議な森 ネットラジオ」です。
今年に入り、ボイスチャットを始めて、UFOや超心理学に興味を持たれる方が多いのを実感しました。
それなら、文字・画像以外の情報伝達手段として「音声」はどうだろうと。
フォーラムを終えてから、気持ちが楽になったのか・・いろいろ挑戦してみたいなという気持ちの表れかな?

放送開始日は、「不思議な森 ネットラジオ」で告知いたしますので、お暇な時に聞いていただけると幸いです。
ちなみに、UFOや超心理学の話から、単なる雑談まで幅広く・・の予定ですが、雑談止りにならないようにしたいな~。

「超心理学研究室」は、これもUFOとは切り離せない分野です。
実はUFO現象と超心理学現象とは密接に絡み合っているのじゃないか?と思っています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

<ラブレター(修正)>

先日書いた「ラブレター」を書き換えました。書き換えというか、一部修正です。
読み直して、大幅修正とはならなかったのは、やはり誉められたからかな~
(駄目な奴だわ(^^ゝ)

『幼馴染のN君へ』(木蓮 42歳 幼馴染のN君へ)

 N君。元気ですか?最後に会ったのは小学校2年生の・・。ごめん。最近年のせいか、あの日が夏の初めなのか、夏の終わりなのかよく覚えていません。
 覚えていますか?私たちが住んでいたのは道東の港町でしたね。一昨年、二十数年ぶりに訪れた時には驚きました。
 広いと思っていた道路は意外と狭く、大きいと感じていた近所のアパートの物置もーかくれんぼして遊んだよねー思いのほか小さくて驚きました。
 ほら、あの近所の鉄工場。朝八時と正午と夕方四時にサイレンが鳴る鉄工場。あの工場は規模は小さくなっていたようですが、まだありましたよ。
 鉄工場の道路を挟んだ向かいにあった原っぱ。私の弟や、N君の弟を含めた近所の子供たちと「秘密基地ごっこ」をして遊んだあの原っぱは、住宅がびっしりと建っていました。
 N君と最後に会った時、N君は目を閉じていましたね。そのせいなのか、私が薄情なのか、N君の顔はよく覚えていません。そのくせ、あの原っぱ。タンポポが一面に咲き乱れる原っぱ、一定期間だけ放牧されていた馬の親子。そんな事だけは不思議とよく覚えています。
 ごめんね。ほんとうにごめんね。あんなに仲良かったのにね。
 正直に書くね。本当はね、このラブレターはN君宛に書くつもりじゃなかったの。ここ2.3日、N君の大好きな「帰ってきたよっぱらい」って曲を聴く場面が度々あって。それでN君の事を思い出したの。もしかしたら「ラブレターを書くなら僕に」っていうメッセージだったのかな?
 思い出すといえばね、ヤスの言ってた言葉を思い出して。ほら、覚えてる?近所の年上の男の子。皆を率いて遊びまわっていたガキ大将。
 そのヤスがね、N君とお別れした日の夕方、「Nはお前の事が好きだったんだぞ」って言ってくれたの。
 その言葉を聞いたときは、少し・・・いや、かなり嬉しかったんだ。N君が私の事好きだったんだ・・って。それが本当かどうか?確かめられなかったけど。
 そうそう、確かめたい事はもう一つあるよ。お別れするひと月くらい前からかな?N君、私に言ってたよね。「引越しするから会えなくなる」って。私が「それはいつ?」って聞くと「もうすぐ」と答えてくれたけど、N君はなかなか引越ししなかったよね。
 そんなN君の事を私は「嘘つき」と思ってたんだよ。でも、本当に会えなくなっちゃったよね。あれはひょっとしたら予言だったのかな?そうだとしたらすごいよね。N君には超能力があったんだね。
 N君に最後に会ったとき、私が持ってる服の中で一番綺麗で立派なのを着ていったの知ってる?
 学校が終わって、家に帰ったら弟が「これを着てN君家に行けって」と母からの伝言を伝えたの。
 あの服はね、私のお気に入りだったんだよ。でも今思えば意味合いが違うんだよね。綺麗な服を着てN君に会いに行けと、母が私に用意した訳ではなく、黒っぽい服だったからからなんだよね。
 喪服は持っていなかったから。

 日曜日の夕方、突然聞こえた救急車のサイレンに「何が起きたのか」と家を出て、同じようにN君の家の前に止まった救急車を心配そうに見ていた近所 のおばさんたちから、断片的な「N君が」「心臓麻痺で」「お風呂場で」と聞いたとき、私はその言葉を組み合わせて出てくる答えを信じる事が出来なかったよ。
 月曜日に学校で、校庭での朝礼で校長先生がN君の事を伝えた時に、やっと「N君が心臓麻痺で亡くなった」という事実をぼーっと認識したよ。
 最後に会いに行ったとき、N君は布団に横たわっていたね。顔の上には白い布がかけられていたよね。N君のお母さんがそっと布をはずして顔を見せてくれたね。私以外に近所の子が来ていなかったね。私が呼ばれたのは、一番仲が良くて長い付き合いだったからかな?そうだとしたら、嬉しいな。
 N君と最後に会ったあと、まだ3つだった弟をおんぶして近所を歩いたんだ。そしたら涙が溢れてきたの。N君と最後に会ったときには出てこなかった涙が、弟のお守りをしていた時にはボロボロと溢れたの。
 泣きながら自分でも不思議に思ったんだよ。幼馴染に会えなくなる事が悲しかったのか、「好き」だと思ってたN君の死を悲しんだのか。今でもその時の涙はわからない。
 今、N君に会ったら、N君は驚くだろうな。私は42歳の体型も立派なおばさんになっちゃって、あの頃の面影もない。
 N君はあの頃のまま?それとも立派なおじさん体型になってる?おじさん体型なら嬉しいな。お互いさまだもんね。
 N君・・・。N君は今でも大好きな「帰ってきたよっぱらい」を歌っていますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2005

<おわ~っ>

うわあああああああああああああ。
すごいよ!すごい!
「室井祐月企画 第一弾ラブレター」
この企画に参加しようと書いた<ラブレター>に、その可愛いお尻を犠牲にした室井祐月様から褒めの言葉が。
思わず、階下にいる家人をモニター前まで呼びつけちゃったもんね~。

「【いつかどこかで】
 最高。ほんと最高。工場地帯の近くにあった、タンポポのたくさん生えている広場が見えるもの。涙の意味がわからない、っていうのもぐっとくる。ああ、切ない。この手紙のすごいところは、これが自分の記憶であるような気がしてくるところだ。恐れ入ります。」

はあ・・・幸せだな~。
でね、
<ラブレター>部分的に書き直そうと思っていたんだけど、こんなに誉められると、書き直して駄目になっちゃったらどうする?と、思わなくもない・・・。
でも、もう一つの書きかけを仕上げる前に、やっぱり書き直します。

室井祐月様。その素敵なお尻を大切に、これからもアドバイスをお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)